明弘食品株式会社

明弘食品のふるさと - 高知県幡多郡黒潮町佐賀漁港

ベトナム産 Pangasius加工食品

Pangasiusの高付加価値商品開発の取り組み

現在、ベトナム民主共和国のメコンデルタ一帯では、Pangasiusと呼ばれるナマズの養殖が大変に盛んで、 スキンフィーレなどの1次加工された製品が欧米に広く輸出されています。

明弘食品株式会社では、このPangasiusの加工を通じて付加価値の高い商品の開発研究に取り組んでいます。

具体的には、落し身・蒲焼き・真薯(しんじょう)・フィッシュナゲット・フィッシュボールなどの製造工程に対して、 明弘食品株式会社の持つ豊富な食品加工の技術と特許技術を適用し、 現地関係者の方々と協力しながら、Pangasiusの高付加価値商品の製造と販売を手掛けます。

高付加価値商品としてのPangasiusは、日本のみならず広く世界中にその販路を開拓できる可能性を秘めており、 ベトナム民主共和国の養殖加工産業の発展に寄与すると同時に、 世界レベルでの食糧危機に対する解決策のうちの一つとして貢献できる事が期待されています。